ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琢磨記事2連発!+α
F1通信さんに上がっていた記事です。

「インスピレーションを受けた佐藤琢磨、「素晴らしい日」と感激」

「スーパーアグリ、佐藤琢磨の残留を期待」

この間のカナダGPを見ていて特に思ったのですが、やっぱり琢磨とSAF1の関係はいいですよね。

この荒れたレースの中、冷静にレーストータルの組み立てができた琢磨と、フレキシブルに対応(まあこちらは、改善の余地はありそうですが・・・)できたピットクルー。

これが例えば本家や大手のチームであればどうだろうか・・・
ドライバーはチーム戦略には口をだせないことになるのではないだろうか?

記事の中にも書かれているけれど、家族的なチームだから、そして、なにより見ていて向上心がすこぶる強い。

確かにマシン開発という点では伸びしろは少ないかもしれないけれど、今時のF1、ピット戦略、ピット作業が大きなウエイトを占めるのも事実。
そんな中、チームの一体感、ドライバーだけでなく、ピット作業を行う一人一人の技術力があがれば、もっともっと伸びしろが出てくるのだと思う。

先ずは確実に完走率を上げること、そして、ピットでミスをしないこと。後はついてくる結果を楽しみにすればいいんですよね。

もう最下位はないから(^^;

完走率という点で見た場合、(6戦終了時)
マクラーレン 12台完走/12台中 100%
ルノー     11/12  92%
SAF1      11/12  92%
フェラーリ   10/12  83%
ホンダ     10/12  83%
BMW       9/12   75%
ウイリアムズ  9/12   75%
トヨタ     9/12   75%
スパイカー   6/12   50%
レッドブル   5/12   42%
トロロッソ   4/12   33%

完走率ということでは我らがSAF1はなんと同率2位!
凄いじゃないですか(^^)
琢磨やアグリ代表が言ってるように完走できなきゃポイントも獲得できない訳ですしね。

琢磨&アンソニーの走りに、安定した完走率と的確なピットワークを加えてUSA以降もがんばって欲しいと思います!

esu1964entry.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。