ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAF1ネタ 2つ
少し開いてしまいましたF1ネタ・・・

出張中だと、どうしてもモバイル環境になってしまうんで、あまり更新ができなくて・・・(^^;

なかなか思うように行きませんでした・・・(汗)


ってことで、テスト後のコメントです。

06.jpg


ポールリカール合同テスト4日目

テスト日:2007年5月18日
テスト期間:4日間
ドライバー:ジェームズ・ロシター
シャシー:SA07-05
走行周回数:132周
最速ラップタイム:1分29秒869(11台中6位)
天気:晴天 気温:18-23℃ コース路面温度:22-40℃


4日間合計走行距離:2169.4km
4日間合計走行周回数:244周(モナコ用コース)、246周(モントリオール用コース)

SAF1最速ラップタイム:Circuit 2DbSC 1分06秒281(佐藤琢磨)、Circuit 1EbSCv2 1分29秒869(ジェームズ・ロシター)

今日、ジェームズ・ロシターが4日間の合同テスト最終日を走り、SUPER AGURI F1 TEAMのテストを締めくくった。

今日はカナダGP用の空力分析の作業を行った。ブリヂストン・ポテンザタイヤは今日も好調で、次のレースに備えた詳細情報収集が引き続き進められた。継続してセットアップのデータを集めることができたため、マシンのハンドリングの改善が期待できるだろう。

佐藤琢磨(2日目担当)
「天気はよく、晴れていたが、午前中のセッションがスタートした数時間後に風が強くなった。早々からエンジントラブルが発生するなど、テストは期待していたほどスムーズではなかったが、昼までには作業の遅れを取り戻すことができ、予定どおりプログラムを完了した。午後は勇気付けられるテスト結果を得ることができた。モナコGP用の高ダウンフォースの空力パッケージの評価や、このレースで使われる2種類のブリヂストン・タイヤのテストを行った。どちらも同じように重要なテストだ。長距離走行では多くの貴重なデータを集めることができたし、いいテスト2日目だったと思う」

ジェームズ・ロシター(1、3、4日目担当)
「最初の2日間はモナコ用のレイアウトを使ってテストを行った。モントリオール用スペックの空力パッケージのダウンフォース・レベルの評価やタイヤの評価も行うことができた。いいバランスを見つけることができたし、パフォーマンス改善に役立つポイントを発見することができた。SUPER AGURI F1 TEAMでの初めての1週間は最高だった。来週はチームと共にモナコへと旅することになるが、今はそれを楽しみにしている」

グラハム・テーラー スポーティングディレクター
「今週は本当に忙しかった。チームの努力に感謝したい。かなりの量の情報を集めることができたので、今後のレースのパフォーマンス向上に役立てることができるだろう。今回もSA07は高い信頼性を発揮し、ジェームズと琢磨は多くの周回数をこなすことができた」

Paul Ricard, France
18 May 2007
(SAF1 HP)


10.jpg


しかし、ロシター君・・・なかなかイケメンですな(笑)


マクラーレン1位、しかし、スーパーアグリが3位!
McLaren number one, but Super Aguri’s third !


ご存知のように、マクラーレンF1チームはコンストラクターズとドライバーの両ワールドチャンピオンシップで先頭に立っている。しかし彼らは信頼性レースでも先頭を走っている。実際に4戦を終えたチャンピオンシップの現時点で、最大周回数472を全て完走したグリッドで唯一のチームである。

信頼性バトルの第2位はルノーで、470周を完走した。しかし最も意外なことに、3番目に信頼性が高いチームはスーパーアグリなのだ! そう、読み間違いではない。グリッドで最も若いチームが、スペインでの10位完走を大喜びしている親チームよりも一歩前を走っているのだ。しかもスーパーアグリは、ホンダレーシングとは比べものにならないわずか160人でこれを達成した!

これはフェラーリを含めトップチームの大部分よりもかなり優れた仕事である。マラネロのチームは、グリッドで最も信頼性の高いチームのひとつだった。しかし、今年はフェリペ・マッサが信頼性に関して堅調を維持して4戦すべてで完走する一方で、キミ・ライコネンはスペインでリタイヤして数字を下げ、472周中416周完走という状態である。

年初に信頼性の問題を本当に心配していたBMWが430周で4位、フェラーリは5位である。

-Source: automoto365.com
(F1通信)



この信頼性3位ってのはいい感じじゃないでしょうかねえ・・・

まあ、もちろんまだまだ先は長いんで、なんとも言えないですが・・・
ただ、アグリ代表も言っているように信頼性があるからこそ、荒れたレースでチャンスが出てくるわけですしね~・・・
この信頼性を維持して欲しいですね。


さて、次のモナコ・・・実はこのモナコでは琢磨は一度も完走してないんですよね~・・・

先日の「すぽると」でも話してましたけどね。

でも、この信頼性を武器に、まあ連続ポイントとはいかないまでも、完走して欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2007 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。