ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンダ 小さな一歩前進・・・?
ホンダ 4日間のテストで“小さな一歩”を果たす05 05 2007
honda.jpg




遠征レースの後の4週間の休みを終え、F1チームはヨーロッパへと戻り、カレンダーでも最も伝統的なサーキットのひとつで行われるレースを楽しみにしている。カタロニアサーキットはホンダチームもよくテストで使用するのでなじみ深いサーキットである。今週はここで4日間のテストが行われ、ホンダもグランプリに向けて準備を行った。

「スペインGPに向けた準備として、今週はバルセロナでテストを行い、RA107のさまざまな部分、特に最新のエアロダイナミクスの評価を行った」と、テクニカルディレクターの中本修平は語った。「膨大なデータを収集しており、いいセットアップの組み合わせを見つけて、エアロダイナミクスにおいても進歩することができたと思う。クルマはブリヂストンのタイヤに合ってきたようだし、我々のペースと信頼性も安定してきた。ほんの少し進歩することができたが、まだすべきことはたくさん残っている」
(GP Update)


HONDAは、まだまだ道のりは長そうですね・・・
例の「ダンボウイング」については僅か3周でお蔵入りが決まったそうで・・・(^^;
「ブレーキング時の挙動悪化とハンドリング改善に全く効果がない」ということだそうです・・・

小細工だけではどうにもならない感じですね・・・
体制作りを含めてもっともっとドラスティックに変わる必要があるのでしょうが・・・

ファンの一人としては見ていて辛いですね・・・

本当にどうしちゃったのホンダ!!

esu1964entry.gif

スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2007 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ホンダは今週のバルセロナテストに参加し、フロントノーズにつけられた変わった形のウイングをテストした。    ルーベンス・バリチェロによると、象耳ウイングは状況改善の助けにはならなかったが、その他の部分ではクルマのパフォーマンスを改善することができたとい..
2007/05/06(日) 23:08:04 | 戀は糸しい糸しいと言う心
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。