ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rd.4 スペインGP フリー走行 3
さて、いよいよ予選が近づいてきましたね。

予選を占うフリー走行3の結果を折りたたみで!

それから、昨日の琢磨のインタビュー他をお伝えします!
rd4-fp3.png


ウエーバーはどうしちゃったんでしょうね。(^^;
しかし、チームメイトのクルサードは2番手タイムですね。
レッドブルは結構いい感じですよね~・・・リタイアしなきゃ(^^;

我らがSAF1の方は・・・まあタイムが伸びないのはしょうがないですね・・・
とりあえずは走れることが奇跡というか・・・
まあまだまだ予断は許せる状況ではないと思いますが、頑張って欲しいと思います。



ということで、F1キンダーガーテンさんに載ってた琢磨のインタビューです。

いまは続けることが重要--佐藤琢磨
[ 26 Apr | 2008 ]
 琢磨に“走れる”という知らせが届いたのは、スペインGPのスケジュールが始まる金曜日が明けてからだった。午前10時から始まったフリー走行に、スーパー・アグリの2台は何事もなかったように参加した。

 午前中フリー走行1回めに、琢磨が14周とデビッドソンが10周、午後2時からのフリー走行2回めには、それぞれ30周と31周をこなした。

 タイム的には、当然の結果として見るべきものはなし。それぞれ、トップから4秒という大差をつけられた。しかし、「とにかく続けることが重要」と琢磨はプラス思考で答えた。

--金曜日から走ることができました。
琢磨 よかったという気持ちもありますが、走ることになった以上、いつもの週末と変わらないというのが正直なところです。どうなるか分からないというのはあっこけれど、現場では走ることを前提に準備を進めていたので、特別なことをしたつもりはないし、ここで、ゴーサインが出るのと引き上げるのとは雲泥の差があリます。2周だけ走ってやめるという可能性もあったけれど、そうではなくてレースができる環境にもっていってもらえたのはありがたいですね。ここで、時間稼ぎではないけれど、(次のトルコGPまで)2週間時間ができるので、チームにとっては新たなネゴシエーションの時間ができたということがプラスに働くと思います。

--昨日の今頃(午後4時)は、どうなるか見えませんでしたが、今日は走れてほっとした気分でしょうか?
琢磨 そうですね、昨日の夜の時点でもわからなくて、朝サーキットに来る前、8時20分くらいですね、電話で“大丈夫”と話を聞いて、今週に関してはいつもどおりの手順でレースができることになりました。

--そこで気持ちを切り換えた?
琢磨 切り換えたというは正確な言い方ではないけれど、意識しないわけにはいかないので、ちょっと難しいですね。今日走って、ラップタイムをみるとすべてが助けてくれているわけではないけれど、少なくとも続けることが大事だと思うので。日曜日まで、普通にレースはできます。大丈夫。昨日の時点で走行プログラムもしっかりと立てていたので、それに沿って、練習用のギヤボックスも使ってスタート練習も今年初めてできたし、確実にいい方向に進んだと思います。

--スタート練習はいつ以来ですか?
琢磨 去年のブラジルGP以来です。でも、そのときはトラクションコントロールがあったのでオートマチックだったですから。今までは、(スタートの練習をするとギヤボックスに)オーバーロードがかかってしまうので練習ができなかった。今シーズンになってちゃんとしたスタートをしたのは、マレーシアGPとバーレーンGPの2回だけ。プラス今日の2回の4回だけです。

--パーツを換えるとペナルティを受ける。
琢磨 その前にギヤボックスじたいもケースがなかったけれど、今回は、金曜日用が用意できたので、スタート練習ができました。とはいっても、2回しかできなかったけれど、今年は日曜日の午後2時の決勝のスタートまでできなかったことを考えるとずっといいし、チームもいいデータを取れたと思います。

--練習はうまくいきましたか?
琢磨 路面が変わっているので何とも言えないけれと、手順などのデータがしっかり残っているので、日曜日にこれまでのように予測だけでやるよりはいいと思います。

--タイム的には、ライバルと差がついてしまいました。
琢磨 仕方ないですね。ボク自身も去年のスペインGP以来久しぶりのバルセロナだし、これまでのF1のキャリアで、1年間バルセロナにこないのはないことだったので不思議な感覚でしたね。クルマじたいは、応急処置で走っていたこれまでに比べればクーリングも楽になってダウンフォースも戻ってきたけれど、周りの進化が早いので、パフォーマンス的には厳しいものがありますね。

--与えられた中で力を出していくというスタイルですが、クルマはどんな状態ですか?
琢磨 これまで3戦走ってきてクルマの特性は大分分かってきたし、それに対して、弱い部分を助けてあげるセットアップでクルマ作りをしていて、その意味では無難にまとまっていると思うけれど、スピードが足らない。ポジションからするとスピードトラップが速すぎるので、ドラッグが増えてももう少しダウンフォースを着けたいと思います。シミュレーションでも、ここはダウンフォースをつけていくとどんどん速くなるので、今日、エアロのテストもできているので、明日は少しだけスピードアップできそうかな、と。バルセロナは、トラクションコントロールと、オーバーランコントロールがある時しか走ったことがなくて、クルマには慣れているけれど、バルセロナという特殊なサーキットをTC(トラクションコントロール)なしで走るとこうなるんだ、というのを久しぶりに体験しました。明日は、もう少しコンシスタントなクルマになると思うので予選に向けてもう少しスピードをつけられればいいと思います。

--具体的には?
琢磨 メカニカル的に柔らかくするのか、空力的に硬くするのか、データが取れているので検討して決めていきます。

--週末を戦う組み立ては?
琢磨 正直言って厳しいですよ。今日走っていても、あっという間に追いつかれるし、もう、全然スピードが違う。どうチューニングしてもしれているし、周りも速くなるだろうし。ここのレースは、普通の状況なら安定してしまうし、オーバーテイクも難しいし、とにかく、日曜日のチェッカーを目指して走るしかないかな、と。ただ、こういう難しくて厳しい状況で、チームも週末が始まっているので、まずは走れてよかったと思うし、みんな頑張ってくれているので、チェッカーフラッグを受けたいですね。
(MYS/Yamaguchi Masami)
スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2008 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。