ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAF1 バルセロナ出走は確定か?&琢磨コメント
先ほど、SAF1チームより声明が発表された模様です。


そして、F1キンダーガーテンさんには琢磨のコメントが出ていました。


しかし、このコメントを見て思うんですが、琢磨は諦めていません!
常に前向きですね!

オイラ達ファンも心から応援したいと思います!
SUPER AGURI F1 TEAMは24日(木)、今後についての声明を発表した。

ここ最近の報道で明らかにされてきたように、契約締結目前だったSUPER AGURIとマグマ・グループは、予定通りのパートナーシップを組むことができなくなってしまった。チームは先週水曜日、「SUPER AGURI F1 TEAM は、チームの支援者となるはずだったマグマ・グループから、彼らの投資家がチームを取得するための資金を提供する予定がなくなった、との通知を受けた」との公式声明を発表している。

その後、チームとマグマ・グループ、およびその他関係者は話し合いを再開したようで、すでにSUPER AGURIのマシンや資材、チームスタッフたちは今週末開催されるスペインGPの舞台、カタロニア・サーキットにスケジュール通りに到着した。

チーム首脳陣を含めたSUPER AGURIがカタロニア・サーキットのパドックにいるのは紛れもない事実だが、スペインGPに実際に出走できるのかどうかについてはいまだ不透明な状態のようだ。以下は、現在も交渉が続いている状態のSUPER AGURIが発表したプレスリリースである。


鈴木亜久里からの声明

「2008年4月16日(水)にSUPER AGURI F1 TEAMが発表した声明に表記されているように、われわれは現在も資金提供に関する交渉を続けています。しかし法律的な問題のために、現在秘密裏に進んでいる交渉についての詳細を詳述したり、問題に触れたりすることはできません」

「われわれは今でも忍耐し、サポートを続けてくださるチームパートナーやサプライヤー、そして私たちのファンやメディア関係者に感謝しています。今週末にバルセロナで開催されるスペインGPを楽しみにしています」

(SUPER AGURI F1 TEAM プレスリリースから一部抜粋)

E.A. © CAPSIS International
Source: Super Aguri Honda
(20080424 F1-Live.com)




明日どうなるか分からないけれど準備はしておく--佐藤琢磨
[ 24 Apr | 2008 ]
 4月16日に青天の霹靂の通告をマグマ・グループから受けたスーパーアグリ。しかし、エースドライバーの琢磨は、不安な表情を見せないように努めているようだった。琢磨がバルセロナにやってきたのは、去年のスペインGP以来。琢磨は、懐かしい場所を思い出すような語り口で会見に臨んだ。

--バルセロナにはいつ?
琢磨 夕べの便です。毎年、バルセロナは冬の間にたくさん走るし、チームもテストを終えているので、好例のサーキット・ウォークはしていませんでした。2006年も2007年も歩いていないんですが、今年は、ボクに限っていえば去年のスペインGP以来ここにはきていないし走っていない。アンソニー(デビッドソン)は、テストで一度走っていますが、チームとしても充分なテストができていないので、今日は久しぶりに歩きました。それに間に合うようにするためには、昨日の夜に入らないといけないので。今朝は比較的ゆっくりサーキットに来て、エンジニアと歩きました。サーキットは、けっこう変わっていました。人工芝がいろいろなところに追加されていて、その意味ではいい確認になりました。

--夕べはどんな気持ちでしたか?
琢磨 う~ん、いつものグランプリと変わらず、突然、何がどうなるか分からないと言われたわけではないし、一連の話は、世の中にニュースが流れてから毎日のようにアップデイトされていたし。どうなるか分からないけれど、数時間起きにチームともコンタクトをとって、パーツが届いたとか、トラックがバルセロナに向かったとか、エンジニアも行く、ボクも行くということで、現場レベルではグランプリに出場するためにすべてを整えておくことが前提なので、どうなるか分からないけれと、現段階では何も言えない状態だけれど、自分としてはいつもグランリ同じように準備しておく、ということでした。むしろ、2005年に突然、木曜日に(BARチームが出場停止を言い渡されて)出場できないことが分かった時の方がビックリしました。ここはいいことも悪いことも両極端で起きますが(笑)、とりあえずボク自信は、この数週間、最初の3戦が終わってヨーロッパに帰ってゆっくりできたし、家族との時間も取れたし、トレーニングしてこのヨーロッパ・ラウンドの開幕に備えていました。自分は待つことしかできなかったので、マネージャーやチームと話しをして待つだけ、という数週間でした。

--4月16日のマグマ・グループからの報告はどんな形で聞いたのですか?
琢磨 マネージャーからとチームから電話で聞きました。話されていいることがコンフィデンシャルで言えないんだけれど、交渉はずっと続いていたと思います。

--もしかすると走れないかもしれない、という心配があったと思いますが。
琢磨 う~ん、ただ、すぐに新しいディールが出たからといっても走れなくなるという話しにはならないと聞いていたので、最終決断が出るまで何とも言えない、というところでした。いまも最終決定が出されているわけではないので、まだわからないです。

--まだ、明日走れるかわからない?
琢磨 ですね。クルマは準備されているし、いつものルーティンワークを終えていつでも走れる状態にはあります。エンジニア・グループも、セットアップのことを話して、明日に向けてのミーティングをこれから予定通り行ないます。

--亜久里さんとは?
琢磨 モナコにいるときに連絡が来て、大変だけれど頑張ろう、という話しはしました。いつもの会話ですね。昨日もニースから同じ便でバルセロナにきたんです。一緒に移動したのは初めてなんですが、いろいろな話ができてよかったですが、だからといってボクの考えや結果はなにも変わるわけではないですが。

--明日走れるとして、走行距離などの制約は今まで以上にありますか?
琢磨 走るという前提でいうと、むしろよくなると思います。やっと念願の(笑)金曜日用のギヤボックスがもらえましたから、少しずつ前進しています。相変わらず、こことトルコまで同じパッケージの部品を使わなければならないので、距離制限はフリーではなくてタイトですが、金曜日用のギヤボックスを使えることでスタート練習ができますから。それはチームにとってものすごく大きなデータになります。明日走れれば、数回のスタート練習ができて、間違いなく日曜日のレースに向けてすごくポジティブになると思います。クルマのアップデイトじたいはありません。

--ヨーロッパ・ラウンドが始まります。
琢磨 ここまでの3戦がそれぞれ正確の違うコースだったので、それにあわせてセットアップをいろいろトライできたので、今回はその経験が使えればいいと思います。
(MYS/Yamaguchi Masami)


まあ走れれば、少しだけでも前進しそうですね。

なんとか明日からのレースウィークにしっかりと参戦できるように祈るしかないですね!







がんばれ琢磨&SAF1!!!
スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2008 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
スーアグのバルセロナ木曜日の画像です。 久しぶりに見るオーデットさんの顔も! 琢磨の画像はどこだー! でもなぜか?マシンが真っ白。...
2008/04/25(金) 23:05:40 | カンジのあなた!(H氏公認)
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。