ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国GP 予選!!
中国GPの予選が終了しました!結果をいつものとおり折りたたみで!
第16戦中国GP予選結果
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:35.908
2 K・ライコネン フェラーリ 1:36.044
3 F・マッサ フェラーリ 1:36.221
4 F・アロンソ マクラーレン 1:36.576
5 D・クルサード レッドブル 1:37.619
6 R・シューマッハ トヨタ 1:38.013
7 M・ウェーバー レッドブル 1:38.153
8 N・ハイドフェルド BMW 1:38.455
9 R・クビサ BMW 1:38.472
10 J・バトン ホンダ 1:39.285
11 V・リウッツィ トロロッソ 1:36.862
12 S・ヴェッテル トロロッソ 1:36.891
13 J・トゥルーリ トヨタ 1:36.959
14 H・コヴァライネン ルノー 1:36.991
15 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:37.247
16 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:37.483
17 R・バリチェロ ホンダ 1:37.251
18 G・フィジケラ ルノー 1:37.290
19 A・ブルツ ウィリアムズ 1:37.456
20 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:38.218
21 A・スーティル スパイカー 1:38.668
22 山本 左近 スパイカー 1:39.336


PPはハミルトンですね・・・前回の日本GPのSC中のドライビングに非難が挙がっていたハミルトンですが・・・
ベッテルの10番グリッド降格ペナルティは取り消されました。

ってことは少なからずベッテルに非はないと・・・そして、そうなる原因を作ったのはハミルトンのドライビングだったと・・・そういう判定ということですよね・・・
で、ハミルトンにはお咎めなし・・・

う~~~ん・・・なんか釈然としないですね~・・・
あの雨の中・・・しかも前の車のウォータースクリーンの中・・・
あんな運転すれば後ろの車はたまったもんじゃないですよねえ・・・

なんだかハミルトン・・・やりたい放題ですね・・・

ここでハミルトンに簡単にワールドチャンピオンを取らせてはいけないと思うんで、ここではライコネン、アロンソにがんばってもらわねば・・・(^^;

それから、ホンダ勢としてバトンが日本に続いて10番手といい位置につけていますね。バリチェロはあんまり変わってないですが・・・

トヨタ勢は離脱の決まっているラルフが6番手、車の批判をしていたトゥルーリは13番手ですね・・・


そしてそして・・・琢磨・・・
なんなんでしょうか・・・同じチームメイトのアンソニーとの差が1秒ですよ・・・
何が違う?
ここもちょいとばかし気になるところではありますね・・・

こういうところから琢磨離脱か?なんて声もささやかれたりして・・・


明日の決勝では得意のロケットスタートを決めてもらって、少しでも上を狙ってもらいたいですね!


それから・・・台風15号の進路が心配ですね。
直撃はないでしょうが、雨は降るかもしれませんね~

荒れたレースになる可能性もありますから何とか堅実に走って欲しいです。

がんばれ琢磨!!


SAF1のチームコメントです
第16戦予選後コメント 佐藤琢磨 デビッドソン グラハム・テイラー Chinese GP: Super Aguri Saturday qualifying notes


今日はスーパーアグリF1チームのドライバー、佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンの明暗がわかれた。アンソニーはまたもや堅実な予選パフォーマンスを見せ、SA07をQ2に進出させた。しかし琢磨は難しい1日を過ごし明日の2007年中国GPを20番グリッドからスタートする。

佐藤琢磨
「全くグリップがなくマシンには非常に不満です。セッションを通してグリップがなく、これを何とか修正しようといろいろなことを試してみましたが、問題を解決することができず時間切れとなりました。その後、予選セッションを改善するために根本的なセットアップ変更をする必要があると感じたのですが、結果は同じでグリップがありませんでした。明日のレース前にできることはほとんどありませんが、問題を理解する必要があります」

アンソニー・デビッドソン
「とても満足できる1日でした。金曜日の走行のあとQ2に進出できるかどうか不安でしたが、トラックがだんだんマシンに合うようになりました。ゴムが付着するにつれ、バランスがよくなり無事Q2に進出できました。明日については天気の予測が正確につかないのですが、うまく妥協したセットアップにしているのでレースが楽しみです」

グラハム・テイラー スポーティング・ディレクター
「土曜午前はいつものセッションで、バランスを調整しました。最初は琢磨が少し苦労しているようでしたが、アンソニーは一歩前進して、そのまま予選に向かいました。アンソニーはまたQ2に進出するという素晴らしい仕事をしました。予選前には琢磨に対して違う方法を試しましたが、ラップタイムの面では改善が見られなかったので、原因を解明する必要があります」


佐藤琢磨
シャシー:SA07-02
グリッド順位:20番
ラップタイム:1分38秒218 Q1

アンソニー・デビッドソン
シャシー:SA07-03
グリッド順位:15番
ラップタイム:1分37秒203 Q1; 1分37秒247 Q2

-credit: super aguri
-Source: motorsport.com

スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2007 - ジャンル:車・バイク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。