ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予選結果&琢磨コメント
予選結果と琢磨のコメントです。

いつものように折りたたみで
20070909023937.png


第13戦予選後コメント 佐藤琢磨 デビッドソン グラハム・テイラー
Italian GP: Super Aguri Saturday qualifying notes


スーパーアグリF1チームのドライバー、アンソニー・デビッドソンは着実に周回し、今日のモンツァで予選第二セッションにSA07を進めた。タクはわずか0.01秒差でQ2に進出できず、グリッドの中段争いがいかに厳しいものかを証明した。

佐藤琢磨
「今日はマシンがいい感じで、昨日よりかなり進歩しました。Q1の最初のアタックで、ターン1のブレーキングで少し深く入りすぎたのですが、あとでタイムを取り戻せると思っていました。2回目のアタックは速かったのですが、残念なことにふたつ目のシケインのバンプにぶつかり、タイムをロスしてしまいました。でもここまで週末中ずっと進歩してきたので、明日がいい日になるよう期待したいです」

アンソニー・デビッドソン
「これまではかなり大変な週末だったので、いい予選セッションでした。今日のフリー走行では赤旗が出てしばらく走行できなかったので、予選の最初の周回ではいいバランスをとるのが難しかったのですが、サーキットにゴムがつくようになるとマシンはよくなり、マシンのバランスも細かい部分まで正しく設定できるようになりました。おかげでまたいいアタックができて14番になりました。直近のライバルやルノーさえ上回ったことはかなりの成果なので嬉しいです」

グラハム・テイラー スポーティング・ディレクター
「いつも通りでした。チームは金曜日の失望から無事に立ち直りました。フリー走行の赤旗のせいで、バランスの設定走行ができませんでしたが、テストの大半を完了することができました。予選はとても厳しいです。何度も同じことを言っているのはわかっていますが、タイムシートも非常に接近しているので、タクは100分の1秒差でQ2に進出できませんでした。アンソニーはここぞというときに立派なラップタイムを出し、Q2でも再び素晴らしい走りをしました」


佐藤琢磨
シャシー:SA07-02
グリッド順位:17番
ラップタイム:1分23秒749 Q1

アンソニー・デビッドソン
シャシー:SA07-03
グリッド順位:14番
ラップタイム:1分23秒646 Q1, 1分23秒274 Q2

-credit: super aguri
-Source: motorsport.com
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さて、日本時間の昨夜行われました、F1イタリアGP予選ですが…。琢磨、復活の兆しが見えてきたかどうか?という結果となりました。もうちょいなのよね~。 予選結果をF1オフィシャルサイトより紹介します。 PosDriverTeamQ1Q2Q31Fernando AlonsoMcLaren-Mercedes1:21.718
2007/09/09(日) 17:53:36 | この際、言いたい放題=別冊版
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。