ありきたりの毎日の中で 
毎日仕事に追われてしまって、ちょっとした出会いや感動を忘れがちになっている自分がいます。そんな些細なことを書いて行きたいと思います よろしく!

        オイラは何があっても琢磨を応援します! TRTrailers480.gif (C)TRT Communication

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曽我どんの傘焼き
昨日、今日と鹿児島では鹿児島の三大行事の一つである「曽我どんの傘焼き」が行われました。

昨日は前夜祭、今日が本番です。

前夜祭では本番で燃やす傘がライトアップされ、紙袋で作った灯篭が並べられ、かなり幻想的な雰囲気が広がっていました。
kasayaki-3.jpg kasayaki-1.jpg

kasayaki-2.jpg kasayaki-3-2.jpg

kasayaki-4.jpg kasayaki-5.jpg



そして本番!
kasayaki-6.jpg

鹿児島独自の剣法である「さつま自顕流」の奉納があったり、剣士の格好をした方の踊り?があったりとムードを盛り上げ、日が落ちた8時過ぎに点火されました。
kasayaki-7.jpg kasayaki-8.jpg

kasayaki-9.jpg kasayaki-10.jpg

kasayaki-11.jpg kasayaki-12.jpg

kasayaki-13.jpg kasayaki-14.jpg

kasayaki-15.jpg kasayaki-16.jpg

kasayaki-17.jpg


ところで、この曽我どんの傘焼きというのは本当に昔からあった鹿児島の年中行事なんです。(見るのは初めてだったんですが・・・汗)

時は鎌倉時代、幼い頃、工藤祐経によって父親を奪われた曽我兄弟が父親のあだ討ちを誓い、十数年の後、見事あだ討ちを果たしました。そのあだ討ちをする際、傘をたいまつ代わりに燃やした故事にちなむ行事なんですね・・・

実は・・・この曽我どん・・・鹿児島の方ではないのだそうです。
実は富士の裾野の話らしいのですが、鹿児島では、その親の仇討ちという親を思う気持ち、親に対する忠義の心を教えるために、教材として鹿児島独自の教育制度である「郷中教育(ごじゅうきょういく)」の中に取り入れ、それが定着して傘焼きをするようになったそうです。

昔は和傘が各家庭で使われていたので、傘焼きをする前に「曽我兄弟の唄」を歌いながら各家庭を廻り、古い傘を集めて傘焼きをしていたそうです。
ただ、今は和傘を使っている家はないので、一時期廃れかけたそうなんですが、なんと岐阜県の和傘振興会の協力があって今日まで続いているそうです。

まあこういう郷土の文化というものは長く保存して欲しいですね~



でも、結構楽しかったよ~・・・暑かったけど(^^;





esu1964entry.gif

スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
なるほど!
えすさん、こんばんは。
「曽我どん」とは曽我兄弟のことでしたか。
仰るとおり、曽我のあだ討ちと言えば富士のイメージだったのですが、それを忠義の教材として取り入れていたとは・・・なんだか、私の勝手なイメージですが「質実剛健」な薩摩隼人らしくて素敵ですね(^-^)
2007/07/24 (火) 00:54:40 | URL | guwaさん @管理人 #-[ 編集]
guwaっち~
そうなんですよ~ 鹿児島の話じゃないって事を聞いて、何でだ~?って思ってたんですけどね。

この話を聞いてなるほどなあと思ってしまいました。気骨のある薩摩隼人って気がしますよね(^^)

でも・・・今こういう一本芯の通った教育って・・・無くなった気がしますよね・・・残念だけど・・・(^^;
2007/07/24 (火) 08:57:41 | URL | えす1964さん @管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ありきたりの毎日の中で  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。